SAMSON サーモテクノでスチーム&ヒードシステムのベストソリューションを提供する 株式会社サムソン
English

ロングセラー商品の簡易・油焚きボイラ 「ターボ(TU)シリーズ」
軟水器 サムソンソフナー「SS-Dシリーズ」 新発売

当社はこのほど、ロングセラー商品の簡易・油焚きボイラ「ターボ(TU)シリーズ」と
軟水器の「サムソンソフナー(SOFTENER)シリーズ」の新型モデルを発売した。

免許不要で使用できる簡易ボイラ、ターボ(TU)シリーズは1983年の発売以来、タフさと手軽さが好評を得て、四半世紀のロングセラーを続け、累計販売実績は23,000台超に達している。 今回モデルチェンジした新型「TU-Sシリーズ」は、ボイラ操作と管理の全てを操作パネルに集約し、使い易さがさらに向上した。
運転・停止は操作パネルの「運転」スイッチを押すだけ。全自動で蒸気の供給・停止を安全に行う。故障や異常時には、警報ブザーと、見やすいグリーンのLED表示で知らせ、 さらに切替えスイッチを押すと異常の詳しい内容を表示して修理内容が解るようにした。トラブル診断を簡単にしメンテ作業ロスも最小になる。万一の場合、ボイラが自動的に運転をストップする。
運転表示8項目、点検表示3項目、異常表示12項目の計23項目の機能でボイラの燃焼状態をいつも自動監視し、運転時の操作性、安全性、メンテ性をグレードアップした。 標準装備の気水分離器が蒸気中の水分をしっかり分離し、乾き度の高い良質蒸気を安定供給する。
TU-100S
Turbo(ターボ)100S
震度5弱を感知すると自動的に運転を停止する感震器や濃縮ブローコントロール機能、ボイラから離れた場所でも運転状況を表示し、簡単操作ができる大型液晶画面のリモコンをオプションで用意する。 機種構成はTU-100S(換算蒸発量100kg/時)〜TU-500S(同500kg/時)の全4機種。価格は75万円〜195万円。初年度1,000台の販売を計画。


SS-Dシリーズ
ソフナー「SS-Dシリーズ」
全自動軟水器の新型「SS-D」シリーズは、表示が見やすいデジタルタイマーを新たに搭載した。液晶画面で運転状態や電源のON・OFFが一目で分かり、再生の曜日や周期を簡単設定できるほか、再生中の残時間表示や停電時には8時間のバックアップを行う。
設定項目の移行や数値の選択・決定、手動再生操作もワンタッチのスイッチ操作で簡単にできる。
コンパクトな塩水槽組み込みワンボックスタイプ。塩投入口を大きくし25kg入り塩袋を一度に直接投入可能。付属の軟度指示薬(軟水・青色、硬水・赤色)を使用して毎日の軟水チェックが容易にできる。4タイプを揃え、価格は14万5千円〜27万円。初年度販売目標は計2,000台。

なお同新製品は6月5日から8日まで東京ビックサイトで開催する「2007国際食品工業展」
(主催・日本食品機械工業会)に出品される。

<熱産業経済新聞掲載 2007年4月15日>

「ターボ(TU)シリーズ」に関してはこちらから

「SS-Dシリーズ」に関してはこちらから

株式会社サムソン 本社・工場 〒768-8602 香川県観音寺市八幡町三丁目4番15号 Tel.0875-25-4581 Fax.0875-25-5571
All right Reserved, Copyright© SAMSON CO., LTD. 2007-2011