FOOD MACHINERYサムソン,ボイラ,食品機器,水処理機器

食品工場エンジニアリング

    例としてレトルト工場の各部屋の説明・レイアウトを示します





【加熱調理室】
下処理された食材を加熱調理します。
加熱調理後は真空冷却機で急速冷却します。
液状については圧送し、充填機に供給します。



【洗浄室】
コンテナなどの容器や調理機器器具を洗浄します。













【充填包装室】
加熱調理された具材を計量・包装し、各検査後に
殺菌室へ搬送しいます。
尚、包装形態(パウチ、トレー、缶等)により、
各包装機器を選定します。










【殺菌室】
密封包装された製品をトレーに整列し、調理殺菌装置
に入れて調理殺菌/冷却します。

殺菌された製品をトレーから取り出し、除水機で付着
している水滴を除去し梱包室へ搬送します。

※省人化や負担軽減の為のローダー・アンローダ等の
機器のご相談も承ります。









【ボイラ室】
各生産機器で使用する蒸気や圧縮空気、窒素ガス
供給設備を設け一貫管理します。











コンテンツに戻る

ページの先頭へ